最新情報・山形肉牛協会からのお知らせ

2015年6月18日

平成27年6月17日(水) 山形市国際ホテルにて、山形肉牛協会第53回通常総会が開催され、全議案満場一致で承認されました。

IMG_4067.JPG

平成27年度事業の目玉は、10月24日(土)25日(日)に開催される、「平成27年度東京食肉市場まつり」への協賛です。

山形県では実行委員会を設立し、その事務局を山形肉牛協会が担います。

また、このまつりに向け、「平成27年度東京食肉市場まつり記念牛枝肉共励会」を10月7日(水)に東京食肉市場で行います。

前回(平成24年)協賛の東京食肉市場まつりでは、2日間で約3万人の来場があり、会場は「総称山形牛」をはじめとする山形県産農畜産物一色となりました。

今回は、前回をさらに上回る来場者・販売金額となるよう、主催者と協力してすすめたいと考えております。

2015年6月16日

山形県が、平成24年度に引き続き、平成27年度東京食肉市場まつりの推奨銘柄産地に指定され、同まつりに協賛するため、「平成27年度東京食肉市場まつり山形県実行委員会」を立ち上げるために、平成27年6月16日(火)に第1回実行委員会を開催しました。

IMG_0255.JPG

実行委員会の構成メンバーは、山形県、JA全農山形のほか、県内3つの生産者組織(山形牛枝肉市場流通振興協議会、米沢牛銘柄推進協議会、庄内肉用牛振興協議会)、3つの食肉公社(株式会社山形県食肉公社、株式会社米沢食肉公社、株式会社庄内食肉公社)となります。

実行委員長には、JA全農山形の鈴木県本部長が、副委員長には山形県農林水産部若松部長と、JA全農山形齋藤副本部長が就任しました。

IMG_0253.JPG

まつりの本番は、10月24日(土)、25日(日)の2日間、東京都中央卸売市場食肉市場(JR品川駅港南口前)で行われます。

前回(平成24年)には、2日間で3万人近い来場者があり、大盛況でした。

今回も前回を上回る来場者を予定し、「総称 山形牛」のほかにも、「つや姫」や「はえぬき」、「ラ・フランス」など、山形県産農畜産物をPR・販売する予定です。

首都圏の消費者への山形県産農畜産物の消費宣伝の格好の機会ととらえ、「オール山形」による取り組みを行う予定です。

2015年6月15日

山形県は、言わずと知れた日本一のさくらんぼの産地で、全国で収穫される約4分の3、13,200トンが収穫されています。

加温ハウス、無加温ハウスがほぼ終わり、露地もの、雨よけハウスものの収穫が今週末ピークを迎えます。

そこで、今年4回目となる「日本一さくらんぼ祭り」が今週末の20日(土)21日(日)の2日間、山形市七日町大通りと文翔館前で開催されます。

20150615163115226_0001.jpg

20150615163124333_0001.jpg

山形肉牛協会では、昨年に引き続き、「山形牛コロッケ」の販売を行います。

今年は、2日目の21日(日)も、「やまぎんホール」から「山形銀行本店」前までの通りが歩行者天国となりますので、山形肉牛協会が出店する「山形県JAビル」の駐車場「ぱーくぱーく」もホコ天のエリアに入りますので、今年は2日間の販売を行います。

1個200円で、揚げたて・アツアツを提供しますので、お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

下の写真は去年の様子です。

 20140621001.JPG 

20140621002.JPG

 20140621003.JPG

2015年6月3日

5月30日(土)~31日(日)に開催された、「近未来農業応援ビッグフェア2015」に出店し、山形牛コロッケを販売しました。

RIMG0955.JPG

RIMG0958.JPG

RIMG0967.JPG

2日間とも天候に恵まれ、特に30日は30度を超す暑さの中、2日間合計で約5,000人(受付来場者)の来場がありました。

2日目の31日には、お子さんに大人気の「花かっぱ」ショーが開催され、大賑わいとなりました。

IMG_1434.jpg 

IMG_1437.jpg

会場内では、最新鋭の農業機械や肥料・農薬・資材などの展示のほか、「近未来」の名のとおり、パワーアシストスーツや、今何かと話題のドローンも展示されていました。

RIMG0959.JPG

このドローンは、田んぼの上空から、稲の葉の色つき具合を撮影し、その後の穂肥の散布量を測定するのだそうです。

RIMG0960.JPG 

農業機械では、エンツォフェラーリやマセラティなどをデザインしたことでも有名な、山形県が誇る世界的工業デザイナーである奥山清行氏がデザインしたヤンマーのトラクター、コンバイン、田植え機、管理機など、発売されたばかりの最新鋭機が展示されていました。

RIMG0936.JPG

さすがにカッコいいですね。 価格は約900万円也。

RIMG0937.JPG

こちらはコンバイン。

RIMG0938.JPG

こちらは田植え機。 これも奥山氏がデザイン。 農業のイメージが変わりそうですね。

RIMG094001.JPG 

こちらは管理機。 最近は、趣味で畑などを作る方も増えていますので。

RIMG0939.JPG 

こちらは、クボタのトラクター。 後輪はキャタピラーです。

RIMG0934.JPG

こちらはヰセキのトラクター。 各社でイメージカラーの違いが良くわかります。

RIMG0941.JPG 

こちらは、ヤンマーの無人ヘリ。 薬剤散布などにつかいます。 価格は約1,200万円也。

RIMG0935.JPG 

会場内には、県内の高校生の調理提案ブースもあります。

RIMG0962.JPG

RIMG0963.JPG

スタッフのおじさんたちも、試食させていただきました。

RIMG0964.JPG

山形牛コロッケの記事よりも、展示会の記事が多くなりましたが、今後も様々なイベントに参加し、山形県の農業を応援いたします。

 

 

2015年5月28日

山形肉牛協会は、JA全農山形の主催により開催される「近未来農業応援ビッグフェア2015」に出店し、

「山形牛コロッケ」を販売します。

このイベントは、平成27年5月30日(土)9:30~17:00、5月31日(日)9:30~16:00の両日に、三川町にあるJA全農山形庄内農機センターを会場に行われるもので、農業機械はもとより、肥料・農薬・農業資材・出荷資材の展示、これからの農業をリードする技術の紹介等、農業に関する総合的な展示会で、2日間で7,000人の来場を予定しております。

20150527103612224_0001.jpg

 

20150528075743737_0001.jpg

 

この会場内の「飲食コーナー」で、揚げたて・アツアツの「山形牛コロッケ」を1個200円で販売します。

数に限りがありますので、ご来場の際はお早めにお買い求めください。

下の写真は、昨年6月に開催された「日本一さくらんぼまつり」での出店の様子です。

0001.JPG

IMG_3595.JPG

«前の5件 13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23

最新情報・お知らせ

最新情報・山形肉牛協会からのお知らせ

これまでの記事一覧

カテゴリー別