最新情報・山形肉牛協会からのお知らせ

第1回JA総称山形牛枝肉共進会が開催されました。

2018年6月20日

平成30年6月18日(月)に(株)山形県食肉公社にて「第1回JA総称山形牛枝肉共進会」が開催されました。

RIMG01.JPGのサムネイル画像

☆☆☆IMG_5634.jpg

この共進会は、これまでは各JAや地区単位での5回の共進会を行っていたものを村山地区と最上地区の8JAが合同で初めて開催するものです。

管内から合計80頭(去勢12頭、雌68頭)の黒毛和種が出品され、全80頭中、A-5が54頭(67.5%)、BMSナンバー10以上が32頭というハイレベルな出品での審査の結果、JAやまがたの平尾喜代春さんの雌牛(みつてる号)が栄えある初代チャンピオンとなりました。

RIMG05.JPG

みつてる号は、父:光平照、母の父:百合茂、祖母の父安平照で、枝肉重量494kg、ロース芯面積93平方センチメートル、バラの厚さも9.2センチメートルと充実しており、歩留り基準値も78.3%と出品枝肉中最高値でした。

 

その他の入賞牛は次のとおりです。

RIMG07.jpg

(全頭A-5、BMSナンバー12、山形セレクション認定です)

共進会後のセリ市場では、開会にあたり、JA総称山形牛枝肉共進会副会長の栗田幸太郎氏の挨拶の後、セリが開始され、チャンピオン牛はこの日のセリ市場の最高値となる5,152円/kg(総額2,545,088円)で、株式会社山形ミートランドが落札しました。

 RIMG08.JPG

RIMG09.JPG

同社代表である大沼社長によれば、同社が直営する焼き肉レストラン「山牛」本店(寒河江市)「山牛」山形店(山形市)でこのチャンピオン牛を提供するとのことですので、「山牛」のホームページでチェックしてくださいとのことです。

また、この時期の山形県は、佐藤錦を代表とするサクランボの最盛期で、購買全頭にサクランボ1kgが購買者賞として贈呈されました。

 RIMG02.JPG

 RIMG03.JPG

RIMG04.JPG 

競り後には表彰式が行われ、受賞者には賞状と記念品が贈られました。

☆IMG_5730.jpg

入賞された皆さまおめでとうございます。

 ☆☆IMG_5762.jpg

☆☆☆☆IMG_5765.jpg

最新情報・山形肉牛協会からのお知らせ トップ

 

最新情報・お知らせ

最新情報・山形肉牛協会からのお知らせ

これまでの記事一覧

カテゴリー別