2017年9月 アーカイブ

2017年9月25日

平成29年9月25日(月)、(株)山形県食肉公社にて、第25回山形県内産牛枝肉共進会が開催されました。

 本共進会は、名が示すとおり、「山形生まれ、山形育ちの山形牛」の共進会となっており、今回は県内各産地の優秀な黒毛和種去勢39頭、雌64頭、計103頭が出品されました。

 最高位のチャンピオン賞には、JAさがえ西村山の今田愛子さんの出品牛が選ばれました。

IMG_4170.JPG

IMG_4161.JPG

生後1034日齢のこの牛は、父:平忠勝、母の父:安福久、祖母の父:茂勝栄、枝肉重量503kg、格付けはA-5、BMSナンバー12で、山形セレクションにも認定されました。

IMG_4167.JPG

 セリに先立ち、山形県庁畜産振興課の齋藤常幸課長補佐よりご挨拶があり、セリが開始されました。

IMG_4174.JPG

 チャンピオン牛はこの日の最高価格となるキロ当たり4,312円で㈱蔵王ミート様が落札しました。

IMG_4205.JPG

IMG_9987.jpg

入賞牛の一覧はこちらです。おめでとうございます。

20170927114812561.tif

2017年9月13日

平成29年9月7日(木)~11日(月)に宮城県仙台市「夢メッセみやぎ」をメイン会場に開催された、第11回全国和牛能力共進会には、山形県から第1区、第2区、第3区、第5区、第9区に計9頭が出品され、その結果は次のとおりです。

20170928.jpg

第9区は、山形県の種雄牛「貴福久」の産子で、2頭ともA-5に格付けされました。

20170910 M106.jpg

20170910 M107.jpg

また、この第9区に出品した荻野さん、ワーコム農業研究所さんのお二人は、3大会連続しての出品ということで、今回、功労者表彰を受章されました。

次回、第12回の全国和牛能力共進会は、5年後の2022年に鹿児島県で開催されます。

2017年9月12日

平成29年9月7日(木)~11日(月)までの5日間、宮城県仙台市「夢メッセみやぎ」をメイン会場に開催された「第11回全国和牛能力共進会宮城大会」が無事終了しました。

山形肉牛協会では、7日(木)から10日(日)までの4日間、計8回、山形の秋の風物詩でもある「山形牛芋煮」の試食を行い、来場者3,200名に配布いたしました。

RIMG0413.JPG

直径80cmの鍋に材料を入れ、約2時間かけてつくった芋煮は、通常の芋煮よりも牛肉の量を2倍に増やした特製です。 

RIMG0408.JPG

RIMG0415.JPG

RIMG0418.JPG

初日の7日(木)こそ、雨交じりの天候でしたが、8日以降は好天に恵まれ、秋晴れの中、来場者にみなさんは山形の秋の味覚に舌鼓を打っていました。

 

1

最新情報・お知らせ

最新情報・山形肉牛協会からのお知らせ

これまでの記事一覧

カテゴリー別