最新情報・山形肉牛協会からのお知らせ

山形県期待の種雄牛「満開1」号の出荷式が行われました。

2016年7月7日

平成28年7月6日(水)、新庄市にあるJA全農山形最上家畜市場において、山形最上子牛市場が開催されるにあたり、山形県期待の県有種雄牛「満開1」号の出荷式が行われました。

2016070601.JPG

はじめに、主催者を代表して、山形県農林水産部白田部長のあいさつがありました。

2016070602.JPG

(白田部長の後ろ姿です。ゴメンナサイ。)

その後、今回の市場に上場される「満開1」の子牛生産者に対し、オリジナルたすきの贈呈があり、

真室川町 (株)ヤマタ畜産(高橋直樹代表)と、同町遠田晃弘さんに、白田部長(山形肉牛協会副会長)から、

2016070603.JPG

2016070604.JPG

最上町の長岡浩司さんには、山形県最上総合支庁石山支庁長から、

2016070605.JPG

酒田市の佐藤隆寿さんには、全農山形県本部鈴木県本部長(山形肉牛協会常任理事)から、

2016070606.JPG

それぞれ手渡されました。

生産者の皆さんは、「満開1」のオリジナルベストを着用し、この出荷式に臨みました。

その後、セリ市場が開催され、1号牛から4号牛まで「満開1」号産子の子牛が並び、1号牛((株)ヤマタ畜産)が緊張の面持ちでセリ場に入りました。

2016070607.JPG

2016070608.JPG

子牛市場前に開催された子牛共励会でも、1号牛、2号牛ともに優良牛に選ばれています。

2016070609.JPG

60万円からスタートした1号牛は、あっという間に100万円の大台を超え、さらに競り上がります。

最終的には、同市場の最高値を更新する1,449,360円(税込)で落札されました。

2016070610.JPG

「満開1」号の子牛は、昨年9月から今年8月までの1年間で530頭が生まれるものと見込まれ、今後順次、山形最上・山形置賜子牛市場に順次上場されることになります。

最新情報・山形肉牛協会からのお知らせ トップ

 

最新情報・お知らせ

最新情報・山形肉牛協会からのお知らせ

これまでの記事一覧

カテゴリー別