最新情報・山形肉牛協会からのお知らせ

「第24回JAさがえ西村山牛枝肉共進会」が開催されました。

2016年6月21日

平成28年6月20日(月) (株)山形県食肉公社において、第24回JAさがえ西村山牛枝肉共進会が開催されました。

管内一円より選りすぐりの黒毛和種雌牛40頭が出品されました。

JAさがえ西村山が、今、収穫のピークを迎えているサクランボの県内最大産地であり、この共進会は「さくらんぼ共進会」とも言われており、購買者賞として見事なさくらんぼが用意されています。

2016062004.JPG

審査の結果、最高位のチャンピオン賞には、河北町の今田愛子さんの「ひろしげ号」が選ばれました。

2016062003.JPG

2016062002.JPG

生後39月令(1,207日令)のこの雌牛は、枝肉重量516kg、A-5、BMSナンバー12で、血統は、父:茂洋、母の父:第1花国、祖母の父:紋次郎です。

共進会後のセリ市場では、主催者を代表して、同JAの海野常務理事よりご挨拶があり、セリが開始となりました。

2016062005.JPG

チャンピオン牛は、この日の最高価格となる5,498円/kgで、寒河江市の(株)山形ミートランドが落札しました。

2016062006.JPG

格付内容としては、全40頭のうち、30頭が5等級、残り10頭も4等級に格付されました。

また、5等級のうち、BMSナンバー10が5頭、11が6頭、最高ランクの12が7頭となり、ハイレベルな審査となりました。

チャンピオン賞以外の入賞牛は次のとおりで、特別賞以外の全頭が山形セレクションに認定されました。

2016062001.JPG

共進会概要

平均枝肉重量 491kg

平均単価 2,825円(税別)

平均格付 4.8

平均BMS 9.3

最新情報・山形肉牛協会からのお知らせ トップ

 

最新情報・お知らせ

最新情報・山形肉牛協会からのお知らせ

これまでの記事一覧

カテゴリー別