最新情報・山形肉牛協会からのお知らせ

平成27年度全国肉用牛枝肉共励会で総称山形牛が入賞しました。

2015年11月5日

平成27年10月30日(金)に、東京都中央卸売市場食肉市場(通称:東京食肉市場)で開催された、全国肉用牛枝肉共励会第3部和牛牝の部で、山形県から出品された2頭が入賞しました。

この共励会は、平成27年度農林水産祭に参加する全国規模の枝肉共励会で、交雑牛41頭、和牛去勢247頭、和牛牝142頭の計430頭が出品される、まさに日本一の共励会です。

山形県からは和牛去勢7頭、和牛牝10頭が出品されましたが、このうち、和牛牝の部で最高位となる最優秀賞と、優秀賞2席に入賞しました。

DSC_0398.JPG

434号牛は、三川町の佐藤正寿さんの出品で、生後37ヶ月齢、枝肉重量484kg、血統は、父:光平照、母の父:百合茂、母の祖父:菊谷です。

DSC_0397.JPG

ロース面積96、バラの厚さ9.3センチは見事です。

image2-2.jpg

セリでは、京都の名店「三嶋亭」様が落札しました。

image3.JPG 

また、優秀賞2席には、米沢牛出荷組合の中川剛さん出品の438号牛が入賞しました。

生後33カ月令で、枝肉重量454kg、血統は、父:北乃大福、母の父:百合茂、母の祖父:北国7の8です。

この牛も、三嶋亭様が落札しました。

残念ながら去勢牛の入賞はありませんでしたが、牝の部入賞牛9頭中、2頭を山形県出品牛が占めた共励会となりました。

 

 

最新情報・山形肉牛協会からのお知らせ トップ

 

最新情報・お知らせ

最新情報・山形肉牛協会からのお知らせ

これまでの記事一覧

カテゴリー別