最新情報・山形肉牛協会からのお知らせ

「第18回東北・北海道連合 肉用牛枝肉共進会」が開催されました。

2015年11月10日

平成27年11月9日(月)、株式会社山形県食肉公社において、山形県家畜商業協同組合主催の「第18回東北・北海道連合肉用牛枝肉共進会」が開催されました。

文字通り、東北・北海道の1道6県より肉用牛(黒毛和種)140頭が出品され、毎年会場を持ち回りで行われており、今年は山形県が会場となりました。

このうち、地元山形県からは最大の73頭が出品され、審査の結果、グランドチャンピオン賞には真室川町の栗田幸秀し生産の去勢牛が、チャンピオン賞には河北町の有現会社斉藤畜産出品の雌牛が入賞しました。

グランドチャンピオン賞の去勢牛は、A-5で、枝肉重量581キロ、BMSナンバー12、バラの厚さは10.2センチメートルありました。

2015110901.JPG

2015110902.JPG

一方、チャンピオン賞の雌牛は、A-5で、枝肉重量458キロ、BMSナンバー12、ロース芯面積が86平方センチメートルでした。

2015110904.JPG

セリ市場では、主催者を代表して山形県家畜商業組合大場理事長のあいさつがあり、活発な取引が開始しました。

グランドチャンピオン牛は、キロ当たり5,010円で天童グランドホテル舞鶴荘様が、

2015110903.JPG 

 チャンピオン賞は、この日の最高値となるキロ当たり8,006円で寒河江市の山形ミートランド様が落札しました。

2015110905.JPG 

褒賞授与式では、本賞をはじめ、農林水産大臣賞、同東北農政局長賞、山形県知事賞など、数多くの賞状や副賞が贈呈され、

2015110908.JPG

2015110909.JPG 

最後に受賞者を代表して、グランドチャンピオン賞受賞の栗田幸秀氏より謝辞が述べられ、閉会となりました。

2015110910.JPG 

受賞一覧は次のとおりです。

2015110911.JPG

 

最新情報・山形肉牛協会からのお知らせ トップ

 

最新情報・お知らせ

最新情報・山形肉牛協会からのお知らせ

これまでの記事一覧

カテゴリー別