最新情報・山形肉牛協会からのお知らせ

「第23回山形県内産牛枝肉共進会」が開催されました。

2015年9月15日

平成27年9月14日(月)、(株)山形県食肉公社において、山形肉牛協会主催の「第23回山形県内産牛枝肉共進会」が開催されました。

2015091401.JPG

この共進会は、文字通り、「山形生まれ、山形育ち」の30ヶ月齢以上の黒毛和種を対象とした共進会です。

県内一円より去勢45頭、メス65頭の計110頭が出品され、審査の結果、JAやまがたの遠藤芳浩さん出品の去勢牛が、最高位のチャンピオン賞に選ばれました。

2015091402.JPG

 父:百合茂、母の父:安福久、祖母の父:平茂勝の血統で、枝肉重量628kg、BMSナンバーは12、ロース芯面積は90平方センチメートル、バラの厚さ11.2センチメートルという堂々とした枝肉でした。

この素牛は新庄市生まれで、2年前の山形最上子牛市場で、当時の最高値で購買されたものです。

2015091403.JPG

共進会後のセリ市場開催前に、山形肉牛協会常任理事でもある山形県農林水産部畜産振興課石川課長の主催者あいさつがあり、セリが開始されました。

チャンピオン牛は、この日の最高値となるキロ当たり3,201円で、高橋畜産食肉(株)が落札しました。

 2015091404.JPG 

 セリ市場終了後、褒賞授与式が行われ、閉会となりました。

 2015091405.JPG 

出品110頭中、4等級以上は100頭(91%)、平均枝肉重量は476kg、平均販売単価は2,513円(消費税別)でした。

入賞牛一覧は次のとおりです。

 2015091406.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最新情報・山形肉牛協会からのお知らせ トップ

 

最新情報・お知らせ

最新情報・山形肉牛協会からのお知らせ

これまでの記事一覧

カテゴリー別