2014年8月 アーカイブ

2014年8月28日

平成26年8月28日(木)置賜家畜市場において、第17回JA山形おきたま畜産共進会が開催されました。

01 okitama kaijyou.JPG

この共進会は、JA山形おきたまが主催し、第1部から第4部までの計55頭が出品されました。

02 kaikaishiki.JPG

 山形おきたま和牛改良組合新藤組合長の開会あいさつの後、主催者を代表してJA山形おきたま鈴木理事長より挨拶がありました。

03 rijityouaisatu.JPG

同地区は、「米沢牛」の生産地でもあり、改良組合旗にも「米沢牛の郷」と記してあります。

04 bukai hata.JPG

審査は各部ごとに行われ、最優秀賞、優秀賞が選ばれます。

05 shinsafuukei.JPG 

今回は、山形県置賜家畜保健衛生課の鈴木課長を審査委員長に、また、公益財団法人全国和牛登録協会の穴田事務局長を特別審査委員として他3名の審査委員とともに、審査が行われました。

 06 shinsa.JPG 

1部若雌未経産の部では、川西町の加藤吉数さん生産の「くろゆり号」が最優秀賞に選ばれました。

07 1kuyuushou.JPG 

2部若雌未経産牛の部では、飯豊町の佐藤隆男さん生産の「ゆりかず号」が最優秀賞に選ばれました。

 08 2kuyuushou.JPG 

3部経産牛の部には最多となる30頭が出品され、厳正な審査の結果、川西町の渡部稔章さん生産の「たくや号」が最優秀賞となりました。

 09 3kushinsa.JPG 

 10 3kuyuushou.JPG 

 繋留所には、3部の母牛に引き連れられ、何頭かの子牛がついてきていました。

 11 oyako.JPG 

 12 koushi.JPG 

 3年後の2017年9月には、お隣の宮城県で、5年に一度開催される和牛のオリンピックと言われている第11回全国和牛能力共進会が開催されます。

各県各産地とも、この共進会に向け、着々と準備を進めています。

 

 

2014年8月25日

平成26年8月22日(金) 東京食肉市場で、全農山形県本部主催の第45回総称山形牛牛枝肉共励会が開催されました。

庄内地区を中心に雌13頭、去勢11頭の計24頭が出品され、最優秀賞にはJA庄内たがわ(櫛引)の佐々木政右エ門さん出品の秀忠波号(去勢)が選ばれました。

01 83 saiyuushuu.JPG

 この枝肉は、格付A-5、重量475kg、BMSナンバーは11で、山形セレクションに認定されました。

父牛は山形県有種雄牛である安秀165、母の父はこちらも山形県有種雄牛の平忠勝、祖母の父は茂糸波で、自家生産牛です。

セリでは、キロ当たり2,533円、1頭約120万円で、東京都の株式会社荒木畜産(東京都港区港南2-7-19)が落札しました。

 04 83 saiyuushuu seri.JPGその他の優秀賞受賞牛は次のとおりです。

福芳号(芳之国・福桜・安福) A-5 606kg BMSナンバー10(山形セレクション) 販売単価:2,224円 購買者:日本精肉店

出品者:JA庄内みどり 尾形英樹さん

02 79 yuushuu.JPG

 05 79 yuushuu seri.JPG

忠久号(百合茂・安福久・平茂勝) A-5 BMSナンバー10(山形セレクション) 販売単価:2,348円 購買者:日本精肉店

出品者:JA庄内たがわ 佐藤正寿さん

03 80 yuushuu.JPG

06 82 yuushuu seri.JPG

 

 

2014年8月16日

平成26年8月15日(金)に、尾花沢市徳良湖周辺で「第18回尾花沢牛肉まつり」が開催されました。

01 kaijyou.JPG

尾花沢市は、県内でも最大規模の和牛肥育地で、常時約10,000頭の黒毛和種が飼育されています。

また、夏暑く、冬は豪雪地帯であることで、夏スイカの出荷も国内最大を誇ります。

このスイカは、後程会場内で無料で振る舞われました。

11 suika.JPG

そんな中で育てられた、生後32ヶ月齢、雌牛、3等級以上のものを「雪降り和牛」のブランドで販売しています。

02 kaijyou.JPG

 当日は、天候な危ぶまれましたが、幸いにも降雨は免れ、格好の焼き肉日和となりました。

開会に先立ち、地元の方々の本場花笠おどりと太鼓が披露され、会場を盛り上げてくださいました。 

02 hanagasa.JPG 

03 taiko.JPG 

開会式では、加藤尾花沢市長や来賓の方々のご挨拶があり、我が、山形肉牛協会の長澤副会長(全農山形県本部運営委員会会長)も祝辞を述べられました。

04 shityou.JPG

05 kaityou.JPG 

当日は、前売り券(4名分10,000円)がすでに完売で、当日券もわずか1分で売り切れるほどの盛況で、

会場には約1,200名が訪れました。

06 menu.JPG

 07 menu.JPG 

08 yakiniku.JPG 

当日提供された牛肉は、市内の生産者、荻野畜産、大類畜産生産の「雪降り和牛」です。

02 menu.JPG 

会場内では、家族連れや帰省の親子連れなどがあちらこちらで舌鼓を打っていました。

09 kaijyou.JPG 

 

 10 kaijyou.JPG

 

 

2014年8月7日

6月14日(土)から9月13日(土)までの3か月「山形デスティネーションキャンペーン」が実施されていますが、以前、そのポスターを当ホームページでご紹介したところ、「この料理はどこで食べれるの」という問い合わせがありましたので、ご紹介します。

20140614 yamagatagyu.jpg

この料理は、赤湯温泉の新しいご当地グルメとして開発されたもので、普通のすき焼きとはワケが違い、ステーキかと見紛うほどの厚さなんと2センチの山形牛をワインに合わせて味付け、調理法したものです。

ワイン=洋食の概念を覆す、これぞ赤湯流すき焼きです。

このメニューは、赤湯温泉の8軒の旅館でしか味わえません。

ぜひご宿泊いただき、山形牛を赤湯ワインの「ワインの饗宴」をお楽しみ下さい。

お問い合わせは、赤湯温泉旅館協同組合

〒999-2211 山形県南陽市赤湯754-2 TEL.0238-43-3114 です。

 

 

 

 

 

 

 

2014年8月6日

平成26年8月5日(火)から7日(木)までの3日間、山形市の七日町大通りで「第52回山形花笠まつり」が開催され、当日は45団体、総勢4,275名の参加となりました。

初日となる5日(火)は、山形肉牛協会もJAグループ山形の一員として、パレードに参加しました。

この日の山形市は4日間連続となる真夏日となり、日中の最高気温も35.3度を記録しました。

夕方になり、少し涼しくはなったものの、それでもアスファルトと参加者、観客の熱気でなかなか暑さは和らぎませんでした。

01 dashi zenmen.JPG

リニューアルとなったJAグループの山車には、大きく「総称 山形牛」の看板を配し、沿道の方々にアピールしました。

02 dashi sokumen.JPG

山車には、山形県農業協同組合代表経営者協議会の会長で、県内で最大規模の「総称 山形牛」の生産頭数を誇るJAみちのく村山の髙谷代表理事組合長、つや姫レディ、園芸キャンペーンガールが乗車し、沿道の声援に応えていました。

03 dashi kouhou.JPG 

プラカードを先頭に、 JAグループ山形は総勢206名の集団を形成し、踊りを披露しました。

04 puracard.JPG 

 お揃いのあでやかな浴衣姿の女子職員。

05 jyosei odori.JPG 

 そろいの法被を身にまとった精鋭集団の踊りに交じり、

08 odori.JPG 

 お約束の牛の被り物をまとった「のぼり隊」として参加しました。

06 yamagatagyu.JPG

 07 yamagatabuta.JPG 

JAグループの前の集団には、山形肉牛協会の会長でもある吉村美栄子山形県知事の姿も。

 10 chiji.JPG 

 山形デスティネーションキャンペーンのマスコット「きてけろ君」と一緒に、観客の声援に応えていました。

10-1 kitekerokun.JPG 

おいしい山形のペロリン君や、つや姫もかなり目立っていました。

11 perorin.JPG 

今年は友好関係が深い台湾からの参加もあり、まつりを大いに盛り上げていただきました。

13-1 taiwan.JPG 

12 taiwan.JPG 

14 taiwan.JPG

プロ野球東北楽天イーグルス公式チアリーダーも50名参加し、躍動感あるパフォーマンスを披露してくれました。

15 rakuten.JPG

山形の暑い夏はこれから本番を迎えます。

皆さん、スタミナ補給には「総称 山形牛」を!