最新情報・山形肉牛協会からのお知らせ

「第18回JAみちのく村山牛枝肉共進会」が開催されました。

2013年7月30日
平成25年7月29日(月)、(株)山形県食肉公社において、第18回JAみちのく村山牛枝肉共進会が開催されました。
同JAは、県内で最大の常時飼養頭数10,000頭を誇り、今回100頭の規模での共進会となりました。

出品牛の格付内訳は、5等級63頭、4等級33頭、3等級4頭で、5等級の中でもBMSナンバーが10を超えるものが28頭、最上位のBMSナンバー12が9頭となるハイレベルな共進会となりました。

審査の結果、最高位のチャンピオン賞には、出品ナンバー4番の尾花沢市(株)荻野畜産生産の雌牛が選ばれました。
枝肉重量456kg、BMSナンバー12で、山形セレクションに認定されました。
001 チャンピオン賞.JPG
そのほかの入賞牛は次の通りです。
005 入賞一覧.JPG

セリ前にはJAみちのく村山 折原敬一代表理事専務のごあいさつがありました。
002 折原専務.JPG
セリ市場では、チャンピオン牛は、今年度最高値となる8,301円/kg(1頭約3,785千円)で、(株)小島商店が落札しました。
003 セリ結果.JPG
共進会出品牛の購買者には、同JAの特産物である「尾花沢すいか」と「雪室米つや姫」が、
チャンピオン牛購買者の(株)小島商店さんには、「銀山こけし」と「福俵」が贈呈されました。
004 購買賞.JPG
006 福俵.JPG










最新情報・山形肉牛協会からのお知らせ トップ

 

最新情報・お知らせ

最新情報・山形肉牛協会からのお知らせ

これまでの記事一覧

カテゴリー別