最新情報・山形肉牛協会からのお知らせ

「平成24年度山形県有種雄牛産子枝肉研究会」が開催されました。

2013年2月5日
平成25年2月4日(月)に(株)山形県食肉公社において、「平成24年度山形県有種雄牛産子枝肉研究会」が開催されました。

これは、山形県が改良を重ね造成した種雄牛産子の枝肉70頭を対象して行われたもので、平忠勝の産子49頭、安秀165の産子14頭、景勝21の産子5頭、北景茂の産子2頭が出品されました。

審査の結果、最優秀賞には先にNHKの取材を受けたJAみちのく村山管内の荻野雅人さん生産の牛が選ばれました。

最優秀賞の枝肉は、北景茂の産子で、重量が487キロ、BMSナンバーはもちろん12、ロース芯面積は86平方センチメートルと、肉色、肉のキメ・シマリ、全体的なバランスも良く、審査委員満場一致での選定となり、山形セレクションにも認定なりました。
saiyuushuu.JPG
また、今回の研究会では全頭を対象に、山形県畜産試験場による「オレイン酸」の計測があり、平均値56.9%、最高値63.4%、70頭中55頭が55.0%以上という好結果となりました。

セリ市場終了後、山形県農業総合研究センター畜産試験場の庄司主任研究員より、「山形牛のおいしさ」についての講演会があり、「山形牛は松阪牛を超えられるか」「オレイン酸と牛肉のおいしさの関係」などをテーマとした研究結果等の報告がありました。
IMG_0557.jpg
生産者やJA担当者、関係機関の職員等約30名が真剣に受講していました。
IMG_0093.jpg
研究会のその他の入賞牛は次のとおりです。
優秀賞1席 (有)アサイ (JAみちのく村山)  メス 457キロ A-5 BMS12
優秀賞2席 岸 義雄  (JAさがえ西村山)    メス 453キロ A-5 BMS11
優秀賞3席 (有)山口畜産(JA新庄もがみ)    メス 436キロ A-5 BMS11
優良賞   布施克美  (JAやまがた)     去勢 402キロ A-5 BMS11
優良賞   佐藤正寿  (JA庄内たがわ)   去勢 508キロ A-5 BMS10
優良賞   (有)山口畜産(JA新庄もがみ)    メス 480キロ A-5 BMS11
優良賞   (有)水上畜産(JAみちのく村山) メス 433キロ A-5 bms10

最新情報・山形肉牛協会からのお知らせ トップ

 

最新情報・お知らせ

最新情報・山形肉牛協会からのお知らせ

これまでの記事一覧

カテゴリー別