2012年4月 アーカイブ

2012年4月24日
平成24年4月23日(月)に、(株)山形県食肉公社にて、「第17回 山形県家畜商業協同組合 牛枝肉共進会」が開催されました。

セリ市場に先立ち、同組合高橋理事長より挨拶がありました。
IMG_1918.JPG

共進会では、尾花沢市の尾崎勝(スカイファームおざき)氏生産の枝肉がチャンピオン賞に輝きました。

IMG_1914.JPG

33ヶ月齢のメス牛で、枝肉重量524㎏ 格付はもちろん最高ランクのA-5 BMS№12の見事な枝肉は、「山形セレクション」にも認定されました。

セリ結果では、この日の最高値となる3,007円/㎏(1,575千円)で、(株)高橋畜産食肉が落札しました。

このほかの入賞牛については次のとおりです。
金賞 小林勝三氏(メス)
金賞 山口畜産 (去勢)
銀賞 梅津謙一氏(メス)
銀賞 大滝喜明氏(メス)
銀賞 山口畜産 (メス)
銅賞 冨沢宏氏 (メス)
銅賞 尾崎勝氏 (去勢)
銅賞 蔵王ファーム(去勢)


2012年4月20日
平成24年4月20日(金)に山形テルサ(山形市)にて関係者300名が参加し、「やまがた元気プロジェクト・キックオフイベント」が開催されました。
015.JPG
山形肉牛協会の会長でもある吉村美栄子山形県知事より、「山形県が一つになって取り組むことで、東北の活性化につなげて行きましょう。」と挨拶がありました。

次に、東北芸術工科大学の中山ダイスケ教授デザインの統一ロゴの発表があり、その中で、「山形には春夏秋冬それぞれがはっきりとした四季があり、季節ごとに鮮やかな色彩を持つ山形の自然、味覚、文化などのイメージを『四季祭山形』の文字に込めたデザインとした。」とコンセプトの説明がありました。
統一ロゴ.JPG

四季 祈り.JPG

その後、吉村知事より、これから各地でPR活動を展開するキャラバン隊に真新しいのぼりが手渡されました。
041.JPG
山形肉牛協会も、この元気プロジェクトの実行委員会構成団体として、今後、消費拡大キャンペーンや各種イベントに積極的に取り組んでまいります。
構成団体.JPG

2012年4月20日
(株)山形県食肉公社(990-0892 山形市大字中野字的場936 TEL:023-684-5656)で開催される、平成24年度山形牛枝肉市場の開催日程は次のとおりです。

H24 山形牛枝肉市場.JPG

H24 県食肉公社カレンダー.JPG
計94回 約10,000頭の上場を予定しています。
2012年4月11日
4月11日(水)に、「山形最上子牛市場」が開催され、166頭の子牛が取引されました。

平均価格は443千円で、前回(3月)をわずかに下回りました。
IMG_1899.JPGのサムネイル画像

前回に引き続き、主催者である全農山形県本部により購買者・生産者・関係者の方々に山形名物「玉こんにゃく」が振舞われました。
IMG_1885.JPG

今回は、全農グループの新採職員3名も研修のため来場し、「玉こん」のお手伝いをしてもらいました。
IMG_1892.JPGのサムネイル画像

市場のある新庄市は、県内有数の豪雪地帯であり、周辺にはまだ多くの雪が残っていますが、「春」はもうそこまで近づいています。
IMG_1882.JPGのサムネイル画像

次回の山形最上子牛市場は、5月9日(水)です。

1